ツイートで振り返る 2015年8月のWeb関連ニュース

  • 公開日:
RapidSSLのキャンペーンページ

この記事の目次

年間1,500円で利用できるドメイン認証SSL「ラピッドSSL」をさくらインターネットが提供開始

SSLサーバ証明書には、「ドメイン認証SSL」「企業実在認証SSL」「EV SSL」の3種類があります。「ラピッドSSL」は価格が最も安い「ドメイン認証SSL」に当たりますが、年間1,500円はかなり安いです。個人でも十分に手が届く価格ですね!

「ラピッドSSL」は、シマンテックグループのジオトラストが提供しているSSLサーバ証明書で、ブランドとしても確立されています。

私も、お問い合わせフォームが必要になれば、導入を検討してみようと思います。

9月30日までラピッドSSLの利用料金を1年分値引きするキャンペーンが実施されています。以前からSSL導入を検討されていた方は、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

「Bootstrap 4 alpha」のリリース

8月19日に、「Bootstrap 4 alpha」がリリースされました。個人的にはLessよりSass派なので、LessからSassに移行したことは有難いです。

既に「Bootstrap 4 alpha」については記事がいくつか出ているので、そちらを参考にしてもらえればいいかなと思います。

ついに日本のYahoo!検索もSSL化を決定

Google検索では既にSSL化されていますが、日本のYahoo!検索もSSL化することになりました。遅かれ早かれ、いずれはSSL化になることは想定内でしたが…。

はじめに紹介した「ラピッドSSL」を含め、8月はSSLに関するニュースが目立っていた気がします。

さいごに:Twitterでも情報発信しています

TwitterでWebに関する記事をツイートしています。もしよろしければフォローしていただけると幸いです。