『FRONTEND CONFERENCE 2017』に参加しました

  • 公開日:

この記事の目次

はじめに

2017年3月18日、関西フロントエンドUG主催の『FRONTEND CONFERENCE 2017』に行ってきました。昨年に引き続き、2回目の参加でした。

参加した目的は、日進月歩のフロントエンドの技術をキャッチアップするため。また今年は「Web制作と働き方について考える」というトークセッションがあり、同じ業界で働いている方がどのようなキャリア観を持っているのかを知りたかったのも目的の一つでした。

登壇者の方々が伝えたかった本質とは異なっているかもしれませんが、私なりに感じたことをまとめてみようと思います。

エンジニアとデザイナーとの距離

属人化のリスクを回避する

Webサイトの制作・運用は規模が大きくなるほど、コンテキストに基づいたCSS設計とドキュメントの作成が重要になってきます。なぜなら、属人化のリスクを回避する有効な手段だからです。

具体的に属人化のリスクとしてどのようなことが考えられるでしょうか。

担当メンバーが異動や退職になった場合、充分に業務の引き継ぎがおこなわれない危険性があります。仮に固定のメンバーで制作・運用の業務を進められていたとしても、そのメンバーが家庭の事情や健康上の理由で休む可能性はあります。「担当者が休んでいるから業務を進めることができない」というのは大きな損失です。

コミュニケーションをないがしろにしてはいけない

Web業界では高い専門性が求められます。しかし、Web制作においても人間同士でお仕事をしている以上、コミュニケーションは欠かせない要素です。

Enduring CSS

Enduring CSSとは

Enduring CSSとはCSS設計思想の一つ。OOCSS・BEM・SMACSSほど有名ではないらしいですが、大規模サイトの運用・管理に役立つヒントが多く含まれています。

リソースを分けて管理する

Enduring CSSでは、永続的な(enduring)運用を実現するためのアプローチとしてCSS・JS・画像などのリソースの管理方法についても触れています。他のCSS設計と異なり、効率的な運用に重きを置いている点が非常に興味深いです。

リソースを分けて管理することの最大のメリットは、不要になったリソースを削除できること。従来の運用の場合、リソースを消すことによる影響範囲が分からない以上、リソースの消去に踏み切ることはできません。時間をかければ影響範囲を特定できるかもしれませんが、多大な工数がかかってしまい、現実的ではありません。

CSSを消すことができなければ、運用の期間が長期化するほどにCSSが肥大化してしまいます。サーバーの中を宇宙ゴミのように点在する画像ファイルも消すことができず、年月が経つにつれてサーバー容量を圧迫する要因になりかねません。

webの変遷から考えるUIの設計とその先

プライベートプロダクトを持つ

「試したい技術があるけれども、職場ではそんな機会がない」という言い訳をしないこと。職場で機会に恵まれなければ、プライベートで自主的に取り組めばいいのです。

さいごに

朝から晩までたくさん勉強した充実した一日でした。運営スタッフの皆さん、登壇者の皆さん、ありがとうございました。

夏頃には、関西フロントエンドUG主催のイベント『Grand Frontend Osaka』があると思います(昨年の内容はこちら)。気になる方は、関西フロントエンドUGのconnpassページをチェックしてみてください。